妖怪学校の先生はじめました!

お次に最近の好きな漫画が、『妖怪学校の先生はじめました!』です。


超ヘタレ主人公の安倍晴明(あべはるあき)が、教卓の下に隠れているところから話が始まります。

もともと普通の学校に赴任していましたが不良に絡まれて30分で逃亡、以来1年間引きこもりになり、その後に採用されたのが、百鬼学園でした。

百鬼学園島という孤島にある学園で、船で片道10時間。

何も聞かされずに普通の学園だと思いあいさつのため教室に行くと、そこにはいろんな妖怪の生徒が!

実は百鬼学園とは、妖怪のための学園だったのです。

さて、超絶ビビりで超ヘタレの安倍晴明は、唯一の人間として百鬼学園の教師としてやっていくことができるのでしょうか?

というのがこの作品の冒頭です。

この作品のジャンルはギャグマンガです。

とはいえ大笑いするギャグ漫画といえばそうではなく、どちらかというとクスッとするようなものが多いですかね。

基本短編が主になるのですが、たまに長編もあり、最近でも単行本二冊分くらいのもありましたね。

そういう長編になるときは、若干シリアス寄りになるのですが、要所要所で面白い場面を入れて、シリアスブレイカーをしてきます(笑)

笑いの沸点が低い自分にとってはこの作品が大好きで、暇な時とか笑いたい時にはよくこの作品を読んでいます。

あと、個人的な話ですが、この作品に救われた時があります。

何年か前、仕事で相当ストレスを抱え込んでしまい、かなり参って何もやる気が起きなかった時に、ふとストレス発散には笑うことがいいというのを見て、すぐ思い浮かんだのがこの作品でした。

読んだらとても面白くて、何日か繰り返し読んで笑ったりしていたら、不思議とストレスがだいぶ軽くなったのを覚えています。

先述の通り短編が主なので、肩肘張らずサクッと読めて笑えるので、笑いたい時にぜひお勧めしたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました